日常アレコレ 釣り記事

【アジング】小サバ、小ムツなどたくさん釣れた時のオススメ料理方法

こんにちは、もっつーです。

毎週の釣果報告をしていますが、5月の3週目はなんと釣行なし。

今回は小サバや小ムツなどのオススメ料理を紹介していきます。

 

 

通常は毎週末に釣果を報告していますので、

静岡の堤防釣果について、気になる方は先週の釣果記事をご覧なって頂けると嬉しいです。

 

5月2週目の記事はコチラです

 

 

もっつー

私は静岡市の堤防でのんびりルアーフィッシングをしています。

休日に時間が取れるときはたまに餌釣りもします。

ルアー歴5年、餌歴20年のオジサンです。

 

 

 

ちなみに5月3週目の出動記録は以下の通り雨に負けました。

 

2021年5月3週目釣行

 

史上2番目の早さ?で梅雨入りだそうで、この週は釣りにいきませんでした。

洪水レベルの雨もあって、厳しい状況でしたね。

 

釣りに行けなかったので、今回は釣った魚の食べる編です。

最近よく釣れる小サバや小ムツの料理を紹介していきます。

おまけでテナガエビの唐揚げ編も(笑)

 

それでは始めていきます。

 

小ムツの南蛮漬け

0515ムツ

 

4月〜夏まで堤防でよく釣れる小ムツです。

大きくなると外洋へ行ってしまうので、堤防では10〜15センチほどしかほとんど釣れません。

アジングでよく釣れるムツですが、なかなか敬遠されがち。

しかし小ムツでもかなり美味しい魚ですよ。

 

私のオススメは小ムツの南蛮漬けです。

 

調理方法

  1. ムツの内臓を取る
  2. 塩を振りかけ、少し寝かせる(水気をとる)
  3. 小麦粉をまぶす
  4. 180℃で揚げる
  5. オニオンスライスを準備する
  6. オニオンスライスと揚がったムツを漬け汁に入れて、冷蔵庫で十分に冷やす

 

 

ポイント

  • 小ムツの内臓、エラは指で簡単にえぐりとれます。釣り場で処理すると、持ち帰った後が楽です。
  • オニオンスライスは薄く切り、辛さをなくすこと。
  • 揚げ具合はブクブクしている気泡が消える程度まで揚げる

オニオンスライスはこの時厚すぎて辛すぎました(笑)

うまく辛さが抜けるように作ることをお勧めします。

既製品のオニオンスライスがあれば楽です。

 

漬け汁の詳細

小ムツ15〜20匹を想定

  • 水 200CC
  • 醤油 100CC
  • 酢 70〜100CC
  • 砂糖 大さじ3

醤油は甘口があればいいかも。分量はお好みで微調整してください。

 

小サバの唐揚げ

0515サバ

 

夏に堤防で回遊してくる小サバです。

こちらも大きくなると外洋へ行ってしまうので、堤防では小ぶりです。

しかし、晩夏になるとやや大きめになってきます。

サビキ釣りなどで大量に釣れてしまうので、どうしようか悩みますよね。

小サバは脂が少ないので揚げ物にする方が多いのでは。

 

私のオススメは小サバの唐揚げです。

 

調理方法

  1. サバの内臓を取る
  2. 3枚に下ろす
  3. 骨と頭は処分(丸揚げにしてもOK)
  4. 漬け汁につける
  5. 片栗粉に入れて小さいボール状にする
  6. 180℃で揚げる

 

工程の写真は撮り忘れですm(_ _)m

 

 

ポイント

  • 小サバの内臓、エラは指で簡単にえぐりとれます。釣り場で処理すると、持ち帰った後が楽です。
  • 小サバの3枚下ろしはムズイけど揚げちゃうので気にせず雑でOK
  • ボールは大きすぎないこと
  • 揚げ具合はカラッと色が変わる程度まで揚げる

大きいと中身まで揚がらないので、小さめのボール状にするのがお勧めです。

3枚下ろしは小さすぎて難しいですが、大きい骨が取れる程度でOKです。

 

漬け汁の詳細

小サバ15〜20匹を想定

  • 酒 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 生姜チューブ 適量
  • ニンニクチューブ 適量

生姜とニンニクチューブは無くてもOKです。

 

番外編:テナガエビの唐揚げ

テナガエビ

 

魚ではないですが、番外編でテナガエビです。

こちらも夏によく川で釣ったり、とったりできます。

5月にとったものはサイズがまだまだ小さめでした。

テナガエビは丸揚げで食べるのが一般的ですね。

 

調理方法

  1. エビを酒に漬けて動きを止める
  2. 片栗粉をつける
  3. 180℃で揚げる
  4. 揚がったら塩をまぶす

 

 

ポイント

  • テナガエビは泥抜きをしてから食べる
  • 酒は家にあるものでOK(ウイスキーでも焼酎でも)
  • 揚げ具合はカラッと色が変わる程度まで揚げる

動きを止めずに揚げてもいいですが、油に入れた時暴れて飛んでこないように注意。

泥抜きは1〜2日でたまに水を入れ替えつつ行う。

 

 

 

まとめ

今回は調理編でした。

釣りができない週もあります。

そんな時は釣れた魚の調理をしてみたらいかがでしょうか。

 

梅雨入りでまだまだ天候が崩れる日が多いと思われます。

そんな日は堤防は空いているので、逆にチャンスだったりします。

 

私はおとなしくしていますが(笑)

 

仕事が立て込んでいたので釣りには行かず、仕事の週にしました。

釣りに行けない週はモヤモヤしますが、そんな時もありますね。

 

5月から青物が回ってきて、楽しいシーズン。

雨に気を付けつつ釣りを楽しみましょう。

 

 

次週は釣果投稿しますので、またお願いいたします。

-日常アレコレ, 釣り記事
-

Copyright© ゆるふわなねこ , 2022 All Rights Reserved.